全日本写真連盟

第21回 千葉市動物公園の四季写真コンテスト結果発表

千葉県本部と朝日新聞千葉総局が主催して、千葉市動物公園の後援で行われた「第21回千葉市動物公園の四季写真コンテスト」の結果を発表します。このコンテストは、年間を通して千葉市動物公園内で撮影した動物、スナップ、動物公園内の四季の情景の作品を募集した写真コンテストです。作品募集に先駆けて、好天に恵まれた去る6月11(日)に撮影会も行い、110名の県内支部会員と県外の動物写愛好家が参加され、この撮影会で撮影した応募作品の中から「撮影会大賞」も選ばれました。また今回は、11名の高校生を含めて134名の応募者から588点もの記録的な応募をいただき、審査と総評と講評は、全日本写真連盟総本部の勝又ひろし事務局長様にお願いをして、素晴しい31点の入賞作品が決まりました。なおこの入賞作品の写真展は、8月1日(火)から、6日(日)まで千葉市動物公園内の動物科学館で開催されますのでどうぞご覧下さい。
千葉県本部委員長 村上 宰   担当副委員長 伊東功一(市川支部長)

【総評】全日本写真連盟総本部事務局長 勝又ひろし
 撮影会で写真を撮るとき皆さんは「みんなが狙う王道の写真を撮ろう」と思うか、「定石ははずれるけど、だれも撮らないものを狙おう」と思うか、どちらでしょうか。どちらでも構わないと思いますが、前者はローリスク・ローリターン、後者はハイリスク・ハイリターン。コンテストで競う写真を撮るとなると、やはり人とは違う場所で違う方法で撮らないと、一頭地を抜く写真はものにできないことが多いですね(定石・王道で撮るのも、それはそれで難しいですが)。
 動物園は広く、それなりに被写体に恵まれているために多彩な撮り方ができそうですが、動物に関しては撮る場所が限られていますから、パターン化された写真が多くなります。今回もそういった写真は多いのですが、ちょっと工夫して「いつもと違う動物園」を撮った作品が昨年に比べて増えていると思いました。素晴らしいことだと思います。
 また、被写体や撮るアングルは代わり映えしなくとも、表情、仕草が非凡で、我慢強く檻の前で待ち続けた苦労が報われたような作品も目立ちました。つまるところ、動物園でいい写真を撮るには、「アイデア」と「忍耐」のふたつが大事なのだと思います。


 最優秀賞「至福の時」 石野 久雄(習志野市)

アビシニアコロブスというサルの仲間の親子です。赤ちゃんの安らかな寝顔も素晴らしいのですが、お母さんでしょうか、育児疲れをしているような、どこか憂いを浮かべた表情もいいですね。二人の顔があいまって、作品にストーリー性と奥行きをもたらしています。

 優秀賞「幸せの絶頂」 伴 博之(千葉市美浜区)

こちらはミーアキャットの親子です。真上からの光線が、まるでスポットライトのように親子を照らしています。そのため毛並みが強調されて、コントラストの強い写真になり、親子の愛情だけでなく、「母の強さ」をも感じさせる作品になっています。胸に投じられた頭の影が、いいアクセントになりました。

 優秀賞「毛並み」 並木 髙徳(山武郡)

天地左右もわかりにくく、なにか気持ちをザワつかせる写真ですが、まさしくシマウマにしか見えない作品です。動物の体の紋様をアップして撮る作品は多いのですが、たてがみを重ねたパターンで画面を複雑に構成したのが異彩を放っています。

 特選「絆」 小林 裕之(埼玉県三郷市)

ミーアキャットは赤ちゃんが4頭生まれ、たくさんの写真が寄せられました。どれも可愛い写真なのですが、この作品は可愛さに加えて、兄弟愛、遠くを見つめるような表情は、檻の中なのに野生で生き抜く厳しさのようなものまで感じさせます。絶好のシャッターチャンスを捉えました。

 特選「動物園に恐竜現る」 加藤 勝臣(柏市)

総評で書いた「違う場所で違う方法」で撮られた典型的作品です。写真的にどうこうというより、このぬいぐるみに気づき、写真を撮って、「動物園に現れた恐竜」として応募した機転が素晴らしいと思います。

 朝日新聞社賞「ひょうきん者」 渡邊 義久(船橋市)

 全日本写真連盟賞「いらっしゃい」 遠藤 靖昭(いすみ市)

 千葉市動物公園長賞「無防備すぎる寝姿」 齋藤 康夫(茂原市)

 動物公園の四季賞 春賞

「おやつタイム」 吉田 金造(いすみ市)

 動物公園の四季賞 夏賞

「水温む」 新井 信治(松戸市)

 動物公園の四季賞 秋賞

「吾輩も紅葉狩り」 市川 正明(千葉市美浜区)

 動物公園の四季賞 冬賞

「寒さに耐える」 石川 良彦(流山市)

 撮影会大賞

「興味津々」 広山 敏彦(佐倉市)

「スキンシップ」 関本 好(長生郡)

「ジャンプ」 柳沢 房親(茂原市)

「朝食の時」 福井 幸(船橋市)

「飼 育」 佐藤 美那子(柏市)

 秀作

 高校生の部優秀賞

「家 出」 松戸 穂乃香(千葉県立実籾高校)
写真を見て、ペンギンの後ろ姿が面白いなあと思い、タイトルを見て吹き出してしまいました。確かに夫婦げんかをして家を出て行くお父さんペンギン、みたいな場面を想像させてくれます。ペンギンは無表情なので、いくらでも感情移入ができます。こういう感性を大事にして、これからも写真を撮ってください。

「バランス運動」 白石 真奈(千葉県立実籾高校)
この微妙な画面の傾きはなんなんでしょう。この不安定感と、銅像のようなゾウのどっしりとした安定感が相反して、面白い写真になっています。

「雨止まないなぁ」 平山 凛(千葉県立実籾高校)
ゴリラだけをアップにとっても「憂鬱な雨宿り」の感じを出せると思いますが、雨を写真できれいに写すのは結構難しいです。人間の傘を借りて表現したアイデアの勝利です。

「愁 う」 永嶋 栞(千葉県立実籾高校)
「何撮ってんだよ」と問い詰められてる感じですね。こうやって動物に撮影者を意識させて表情を出すのはひとつの手ですね。


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2017/10/05 会員限定オンラインプリントサービスのお知らせ
本部
2017/05/29 フォトコンテストシステムの紹介
本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413