全日本写真連盟

第16回全日本動物写真コンテスト結果発表

 動物をテーマにした「第16回全日本動物写真コンテスト」には36都道府県から274人、1076点の応募がありました。審査の結果、野生部門最優秀賞に藤原純三さん(大阪市)の「自然の営み」、一般部門最優秀賞に三森美邦さん(名古屋市)の「春日和」が選ばれました。入賞作品は8月13日から16日(11時~20時/最終日は18時)まで、大阪市北区梅田2丁目のハービスHALLで展示されます。


■審査委員長 今森光彦(写真家)
■審査委員   山中健次(関西本部委員長)、鞠川寛(関西本部委員)、浅野哲司(関西本部長)


【総評】
 今年もたくさんのご応募ありがとうございました。野生部門では、一瞬の行動をみごとにとらえた作品が多く見られ自然写真の醍醐味を改めて知らされました。被写体についての詳しい知識やその動物に出会えるフィールドを持っていないとなかなかものにすることができない作品がありました。一般部門では、動物の愛情もさることながら、撮影者のセンスが光る作品が見られたのは嬉しいことです。
 デジタルの時代になって動物を撮るシャッターチャンスが増えたように思います。秀作がでてくることを審査員一同楽しみにしています。(今森光彦)


■主催 全日本写真連盟関西本部、朝日新聞社
■協賛 エプソン販売(株)

 野生部門最優秀賞「自然の営み」 藤原純三(大阪府)

大型のトンボ、ウチワヤンマが、チョウトンボを捕らえて食べている決定的瞬間です。構図の良さと背景の処理が単なる生態写真ではなく作品にまで高めています。

 一般部門最優秀賞「春日和」 三森美邦(愛知県)

女性の肩に乗った猫。首輪と女性の服の配色が印象的です。画面の中にさりげなく入った桜と背景のビルのボケが写真を引き締めました。空間のある構図がとてもいいですね。

 野生部門優秀賞「天空の楽園」 免田裕子(広島県)

山の岩場にいるサルたちと、彼らがいつも眺めているであろう下界の人里や海。切り取り方が新鮮です。

 一般部門優秀賞「笑顔」 皆川幸恵(神奈川県)

人物を感じさせる温和な表情が素晴らしく、的確な写真技術がひかる。

 野生部門準優秀賞「可愛く撮ってよ!」 岡田徳治(神奈川)

自毛が逆立ち、つぶらな瞳の「いやし系」ヤマガラ。足つきから野生感が伝わります。

 野生部門準優秀賞「マイホーム」 竹川龍(兵庫県)

紙コップの蓋の穴から顔を出したカエル。カメラ目線が可愛く、ユーモアがあります。

 野生部門準優秀賞「里山の恋人達」 大川不二夫(福岡県)

水面の上を飛ぶ交尾をしているトンボ。広めの構図と落ち着いた色調で、暖かみと上品さを感じます。

 一般部門準優秀賞「しんしんと」 大岩友理(愛知県)

静けさしみる雪景色、そこに生きる命を詩情豊かに表現した秀作です。 

 一般部門準優秀賞「ぬくもり」 板岡順一(大阪府)

寝顔と膝掛けで温まる写真です。ぬくもりを感じながら新聞を読む。至福の時間ですね。

 一般部門準優秀賞「警戒心」 藤原純三(大阪府)

目つきが怖いけど、君はカエル?いやいやワニです。水面を望遠で圧縮。面白い顔です。

 野生部門入選

 一般部門入選


全日本写真連盟からのお知らせ

本部
2016/02/01 会員限定フォトブック作成のご案内


ほっとフォト余話
全日本写真連盟会員向けメールマガジンご登録はこちら

English Information

2013/05/02
About The All-Japan Association of Photographic Societies

contact

〒104-8011
東京都中央区築地5-3-2
朝日新聞東京本社内 全日本写真連盟事務局
TEL:03-5540-7413